NPO 日本はんだ付け協会 > 2021年 > 9月 > 9日 > はんだ付け検査員講習・認定試験を開催 @滋賀の協会セミナールーム

はんだ付け検査員講習・認定試験を開催 @滋賀の協会セミナールーム

2021年9月6日、協会(滋賀)セミナールームで
はんだ付け検査員講習・認定試験を開催いたしました。

地元関西から関東の企業様に加えて、個人でご参加頂いた方もおられました。(10名ご参加頂きました)

はんだ付け検査員講習とは、実際にはんだ付けをする人にではなく、
はんだ付けされた製品を検査する人のための講習会で、合わせて認定試験を行います。

教材は既にはんだ付けされたもの(ラグ端子、Dサブコネクタ、基板の実装品)を使用して、
動画による良品、不良品の判別方法の講習を受けた後、現物を見て判定できる目を養います。
(実際にはんだ付けを行うことはしませんが良否判定ができるようになります)

ある企業様では、国内工場の技術レベルの指針にするために今回ご参加されたとか、
海外の工場との間の技術格差を埋めるために受講された方もおられました。

自社の技術力評価や技量の均一化に検査員は重要な立場の人ですので皆様真剣そのものでした。
特に品質管理や品質保証の部門では大変重要ですので、
ご興味がございましたら当協会までお問合せ頂ければ幸いです。(不定期開催です)

また、通常行っている、はんだ付け講習検定も毎月各地で開催しています。
受講・受験の級に迷われましたら何なりとご相談ください。

受験級のご説明

講習・検定 今後のスケジュール(東京・大阪・愛知・滋賀)

G.H

 

 

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP