NPO 日本はんだ付け協会 > , , , , , , , , , , , , , , , > 外国人技能実習生 基礎2級対応講習(新潟県糸魚川市)

外国人技能実習生 基礎2級対応講習(新潟県糸魚川市)

4月12日(金)、新潟県糸魚川市の企業様にて、

外国人技能実習生の基礎2級対応講習を開催いたしました。

 

今回、私(スタッフY)一人での講習ということで、

緊張・不安、楽しみな気持ちの中、今回の講習に挑みました。

 

前日の夜に、糸魚川市に到着したのですが

とにかく、寒かったです。・・・(気温6℃)

山は、雪景色でした。


※そりゃ寒いですよね・・・

 

余談はここまでにして、

外国人技能実習生 基礎2級対応講習ですが、

今回は中国人の方、3名の受講です。

※日本語は少し話せますという感じでした。

 

はんだ付けの専門的な言葉(熱量や、コテ先の酸化)、

この意味を伝えるのがとても苦労しました。

言葉ではうまく伝わらない。

 

実際にコテ先を酸化させてみて、これが「〇」、これが「✖」

といったように、伝えたい事を伝える難しさ、

実際に見て・感じてもらう事の大切さを身をもって体験しました。

※「〇」「✖」は世界共通なんだと再認識(笑)

 

講習の様子


注意点と、気を付けないといけない点を受講者の3名と私を含めた4人で、

確認しながら、1枚の基板を完成させました。

 

部品の極性、部品を入れる方向・向き、全員で確認して、

無事に1枚の基板が動いたときは、全員で喜びました。

 

ちょっとした、極性のクイズを出してみたり、

今回出した問題は、LEDを書いた絵を見せて、

「LEDは、リードが長いほうと短いほうがありますが、どちらが「+」でしょう?」

といった形で、楽しく覚えてもらえるように工夫することは、

私たち講師の役目だと感じました。

 

午後からは、確認を行いながら各個人に分かれて作業して頂きました。


午前中で、注意しないといけない点や、はんだ量・リードカットの長さなど

再確認を行って、1枚仕上げていただき、もう1枚は、自分の力で、

作業と確認を行っていただきました。

 

3人とも無事に3枚の基板を完成させることができ、

はんだ付け状態・作業時間ともに、問題ない結果となりました。

 

最後に、今回の講習はどうでしたか?と聞き、

「難しかったけど、楽しかった」

と言って頂けたことは、本当に嬉しかったです。

 

今回の講習を通して、

私自身も、上手く伝えるにはどうすればよいかを、

再認識させていただきました。

 

私自身、まだまだ未熟者ですが、

今後も、はんだ付けの正しい知識と楽しさを多くの人に、

わかって頂けるよう、精進して参ります。

 

※外国人技能実習生 電子機器組立検定対応講習

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP