NPO 日本はんだ付け協会 > 去る9月15・16日にも 検査員講習と検定を実施しました!

去る9月15・16日にも 検査員講習と検定を実施しました!

先々週 滋賀の協会セミナールームにて

「第6回 はんだ付け検査員講習と 検定試験」を実施いたしました。

定員6名のところ 5名の方がご参加くださいました。

cimg1878-1
 

 

 

 

 

 

 

 

 

この講習・検定は

「普段 直接はんだ付け作業には携わらないが 外観検査を担当される方、 

協力工場等から納品された製品のはんだ付けについて良品・不良品の判断が必要な方」 が対象ですが

今までに受講された方の中には 実際に作業もされて 他の方の検査をされる方も 多くおられました。

座学では はんだ付け検定2級と同等の基礎知識を学んで頂きます。

実技講習では

実際の検定試験に使用する教材を用いて、外観検査を実施いただき、

判断基準の目あわせを行い、検査のポイントを 指導いたします。

 

 

受講して下さったお客様の声

・普段はんだ付けをしていませんが、資料の内容がとても分かりやすく、説明も丁寧でした。

・弊社内での特殊工程の更新試験の採点に役立ちました。

 

※1級と2級を取得されている方は 座学である基礎知識講習と 筆記試験が免除されますので

一日目に講習と検定が終了します。

 

cimg1879
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査員講習・検定 の詳細は こちら

現在不定期で 年5~6回の開催となっております。

 

次回開催は 先日 当協会「ブログ 」と「お知らせ」で ご案内させて頂きました通り

12月6日(火) 7日(水) です。

お申込みは こちら から

この機会に ぜひご検討ください。

 

 

 

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP