NPO 日本はんだ付け協会 > 2016 インターネプコン ジャパン レポート(2016.1.18)

2016 インターネプコン ジャパン レポート(2016.1.18)

2016 インターネプコン ジャパン レポート(2016.1.18)

今日は、先日1/13~15に開催された東京ビッグサイトでの
インターネプコンのレポートです。私は、14日の10時開場から16時ごろまで精力的に
各ブースを廻らせていただきました。
(暑かったです)それでも、1日だけでは、インターネプコン開場(全体の1/6程度)を
廻るだけで精一杯でした。

私の目当ては、主にハンダゴテや糸はんだ、リワーク装置などの
新製品をチェックすることで、

目的は仕事に活かせないか?を検討することです。

最初に入ったブースは、ダイナテックさん(ersaの代理店)です。
去年は、ここで気に入った形状のコテ先を見つけて、
新型のハンダゴテ(i-con1)を導入しています。

今年は、ハンダゴテは、さほど変化がありませんでしたが、
リワーク装置にシンプルで小型の使いやすいものがありました。

HR200(発売は春以降のようです)写真1
00
こんにちは、はんだ付け職人です。

遠赤外線による上下加熱方式で、熱電対によるリワーク部の
温度測定がとても簡単です。

また、温風が非常に弱いので、微細な部品でも
温風で動くことがありません。
非常にシンプルな構造で、直感的に使えます。
SOPの取り外し、取り付けが、2,3分でできます。

実売価格は、70万円付近になりそうとのことでした。

次にHAKKOさんのブースですが、
従来のはんだ吸い取り機や、リワーク機が新型になっています。

写真2は、赤外線ヒーターと温風式のリワーク機を
組み合わせたリワーク装置です。
05
温度プロファイルも設定可能です。
コレだけのセットで、なんと35万円程度で発売されます。
(プリヒーター、専用架台、温風リワーク機のセット)

写真3は はんだ吸い取り機474の改良型(FR410)
従来は50Wだったのが、140Wまで高出力化されています。
06
鉛フリーはんだへの対応として、どんどん高出力化されていますね。

次にgootさんのブースでは、写真4の500Wのハンダゴテ(RX-892AS)
57
が目を引きました。これなら写真のような極太のケーブルや
板金のはんだ付けまで対応できそうです。

日本スペリア社さんのブースでは、ペッパー君がお出迎え。
ボビンレス糸はんだが展示されており、「これいいな」と思いました。
(写真5)
35
19
ジャパンユニックスさんのブースでは、
ガラス板にもはんだ付けできる、超音波ハンダゴテ(写真6)(UNISONIC-MD)。
02
超極細ハンダゴテ ナノステーション(NASE-9A1)約28万円
をテストしてきました。
17
この細さでは、最強だと思います。(使用用途はかなり限定されると思いますが)
※ハンダゴテのテスト用に検定用基板を持ち込んでいます。

写真7は、簡易式リワーク機(JT-9BK)
これまた単純で「なるほどな・・」と思いました。
取り外しが出来れば実装はハンダゴテでも可能ですから。
13
ざっと、手はんだ付けで気になった製品を紹介させていただきました。
参考になりましたら幸いです。

では、明るいはんだ付けを!

※次回、大阪でのはんだ付け講習会、検定開催のお知らせ
ポリテクセンター関西
http://handa-npo.com/archives/kentei/373

※次回、名古屋でのはんだ付け講習会、検定開催のお知らせ
ウインクあいち
http://handa-npo.com/archives/kentei/528

ご検討よろしくお願いいたします。

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP