NPO 日本はんだ付け協会 > 2019年 > 12月 > 26日 > 糸魚川市で「外国人技能実習生向け技能検定」 電子機器組立 随時3級向け講習

糸魚川市で「外国人技能実習生向け技能検定」 電子機器組立 随時3級向け講

昨日、今日と糸魚川市にお邪魔して、

中国人の技能実習生6人に対して電子機器組立て 随時3級の検定に向けた
講習を行ってきました。

受講生は、2年前にも基礎2級の講習を受けて全員無事合格しており、
今回は、久しぶりの顔合わせでした。
※だいぶ日本語上手になっていました。

この随時3級に合格すると、あと2年日本に滞在して
技能実習を受けることが可能になります。

普段は、はんだ付けをしていないということで、
前回の講習以来、久しぶりのはんだ付けです。

コテ先を酸化させないための注意点を
動画で解説してから、実技講習のスタートです。

随時3級になると、端子や表面実装、アキシャル・ラジアル部品
シャーシの組み立てや、穴あき端子へのカラゲはんだ付け、
さらには、テスターを使っての電圧調整など

日本語を完全に理解できない彼らにとって、かなり、難易度の高い
検定となります。

今までに試行錯誤した結果、現在では、動画にピンポン、ブブー
といった効果音で、OK、NGを表現することで
意思を伝えることができるようになっています。

1日目は、9時~17時10分までみっちり講習を行いましたが、
それでも、1セット目を完成させるところまではいきませんでした。

※制限時間は1時間30分(最大延長2時間まで)です。

今までの経験から1セット目に十分時間をとって理解してもらえれば
2set目からは、各段に作業が早くなることがわかっています。

この電子機器組立ての随時3級では、フラックスの塗布が認められていません。
この点が非常に難易度を高くしています。

特に表面実装部品では、すぐにオーバーヒートを起こしてしまうため、
高度な技術が要求されます。


2セット目は、早い子で2時間40分で完成させることができました。

皆、素直で良い子たちです。
来年1月の検定までに、もう少しはんだ付けの練習と
もう1セット組立を練習すれば、制限時間内に完成させることが
できるようになると思います。

「がんばってな!」と最後に声を掛けてお暇致しました。

北は海、南は白馬山系の素晴らしいロケーションでした。

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP