NPO 日本はんだ付け協会 > 2019年 > 7月 > 4日 > 外国人技能実習生向け技能検定 電子機器組立 随時3級対応講習 開催

外国人技能実習生向け技能検定 電子機器組立 随時3級対応講習 開催

一昨日から2日間にかけて 滋賀の協会セミナールームにて
外国人技能実習生向けの技能検定である 電子機器組立 随時3級合格のための
実技講習を開催いたしました。

半導体製造装置や液晶パネル製造装置等の製造業務を行っておられる
株式会社f-プランニング様の貸切講習です。

実習生の皆様はすでに日本で2年間製造業務に携わられ
基礎級の認定は取得されていますが
数ヶ月後の随時3級合格に向けて受講頂きました。

基礎級と 随時3級の難易度の比較

・基礎級:初めての方の場合も 午前中2セット、午後3セットの
実技教材を完成させることによりほぼ合格レベルに達します。

・随時3級:経験者の方におかれましても
解説を行いつつ、1台組上げるのには1日~1.5日を要します。
表面実装、アキシャル、ラジアル、DIP等 部品点数も多く
端子へのからげはんだ、シャーシの組立、電気的な検査と
とにかく90分の制限時間内にやることが多いです。

※抵抗のカラーコードの読み方なども必要になります。

 

くわしい検定内容は こちらをご参照ください。

 

今回は 外国人技能実習生の方に加え、
今後社内に外国人実習生が入られた際の指導のために
日本人の指導者の方も講習に参加されました。

 

この後、会社に戻られ、見本を元に 各自2セット練習され
本番に挑まれます。
随時3級に加え、今週末には日本語検定3級も受検されるとのこと。
応援しています!

 

 

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP