NPO 日本はんだ付け協会 > 2018年 > 12月 > 28日 > 外国人技能実習生 基礎2級対応講習開催中

外国人技能実習生 基礎2級対応講習開催中

本日は滋賀県の当協会セミナールームにて
外国人技能実習生 電子機器組立 基礎2級受検のための講習を開催しております。

ベトナム人研修生10名の方が参加されています。

皆さん 初めてはんだ付けをされるとの事ですが
明るく熱心に取り組んでおられます。

実技講習では 英語とひらがなで 部品の説明、
治工具の使い方等 すこしずつ 平易な日本語で説明しています。

今回の企業様では 社内通訳の方を通して
事前にeラーニングを集合研修の形で受けていただきました。

昨今、入管法の改正や今後の外国人労働者を日本がどのように受け入れていくのか等々
マスコミの話題に上らない日はありません。

言語、技能を磨く事は 自己のスキルアップによる自信、モチベーションアップ、
受け入れ企業のビジネスの向上につながります。

それらは国籍や働く場所は関係無く すべての働く人、企業にとって大切な事であると考え、
当協会ではそれらに貢献出来る様 今後も技能・品質・サービスの向上に努めて参ります。

若い実習生の皆さんがとにかく明るくて
受け入れ企業の方も実習生の方をとても大切にされているのが
伝わって参りました。
皆さん今日が 「初めての雪」だそうです。
年明けにもいくつか同様の講習を実施いたします。楽しみです!

外国人技能実習生 電子機器組立検定対応講習
随時3級対策も実施しております。

 

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP