NPO 日本はんだ付け協会 > 2018年 > 12月 > 26日 > 品川での公開はんだ付け講習・検定

品川での公開はんだ付け講習・検定

12月20日(木)~12月21日(金)に

東京都品川区(会場:都立城南職業能力開発センター)にて

公開はんだ付け講習・検定を開催致しました。

センサー計測器の製造・販売、

自動車部品(LED基板・センサー基板)の製造・販売

産業用PCの設計・製造・販売、

宇宙航空機器、部品の販売、システムの提供等といった業種の皆様が

受講・受験されました。

 

今回の講習で、初めてはんだ付けをされる方から、

業務ではんだ付けをされている方まで、

ご自身のはんだ付けのスキルアップ、社内ではんだ付けの指導をする為に

はんだ付け講習・検定に参加されています。

 

基板実装中の手元写真

 

はんだ付け検定では、

講習と同じ教材を時間内に仕上げなくてはいけません。

 

※検定の様子

 

時間制限があると、作業を焦ってしまい、

上手くはんだ付け出来なくなってしまう事が多いです。

 

上手くはんだ付けするには、前準備がとても重要で、

予備はんだ、部品の位置決めが、はんだ付けの品質に大きく左右されます。

 

前準備を落ち着いて作業し、予備はんだの状態・部品の位置などを確認することが、

作業性の向上と、はんだ付けの品質を安定させる事につながります。

 

 

 

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP