NPO 日本はんだ付け協会 > はんだ付け講習

はんだ付け講習

日本はんだ付け協会では、「はんだ付け検定」を受験される方のため、また、はんだ付けを独学で勉強するのが難しい方のために、はんだ付けの講習を開催しています。
はんだ付けに必要な基礎知識と実技を効率的に学んでいただけます。

検定と講習は、個別にもお申し込みいただけます。
(例:2級講習だけ・・など)後日、検定だけを受検いただくことも可能です。

受講料

共晶はんだ講習 (3級はんだ付け検定対応)
          ・・¥16,000(+送料500円+税)
鉛フリーはんだ講習 (2級はんだ付け検定対応)
          ・・¥20,000(+送料500円+税)
鉛フリーはんだ微細講習 (1級はんだ付け検定対応)
         ・・¥28,000(+送料500円+税)

※受講料には、はんだ付け講習のレジュメの他、はんだ付けの実技教材、実技講習に必要な ハンダゴテや実体顕微鏡などの道具の使用料も含まれます。
 (普段お使いのハンダゴテなどの持ち込みもOKです)

修了証明書、助成金申請について

1.修了証明書について
当セミナーの受講を修了された方は、セミナー最終日に修了証明書を発行いたします。
なお、再発行はいたしませんので、ご了承ください。

2.助成金制度について
雇用調整助成金を申請される場合は、「カリキュラム」『修了証明書』を発行致します。
※助成金制度についての詳細・申請手続きの流れ等、ご不明な点につきましては、
厚生労働省のホームページをご覧ください。

はんだ付け講習のカリキュラム

1:はんだ付けの基礎知識講習(約90分)

正しいはんだ付けの知識を学びます。
パワーポイントと動画、写真を使ってわかりやすい解説を行います。

・はんだ付けとは? ・はんだ付け接合について ・実際のはんだ付けの様子
・毛細管現象 ・濡れについて ・はんだの使われ方 ・共晶って何?
・ハンダゴテの選び方 ・コテ先の選び方 ・コテ先温度 ・コテ台について
・コテ先掃除について ・フラックスの働き ・フラックスの使い方 ・シャドーはんだ
・はんだ付け動作の詳細 ・良いはんだ付け ・適正なはんだ量
・はんだ付け不良の例 ・はんだ付けは固定が命 ・はんだ付けと健康


2:鉛フリーはんだ 特別講義 (約60分)(3級講習にはありません)

鉛フリーはんだを使うために必要な基礎知識と正しい道具選び、作業改善など

・鉛フリーはんだが導入された理由 ・鉛フリーはんだの材質
・鉛フリーはんだと共晶はんだの違い ・鉛フリーはんだで注意しなければいけない点
・完全なる分離(RHOS対応) ・信頼性について ・仕上がり状態 
・ハンダゴテの選択 ・作業性を改善するために ・具体的改善事例


3:はんだ付けの実技講習のための実技講習(約100分)

検定用の実技教材を実際にはんだ付けしている映像をみながら要点を解説します。

・ラグ端子へのはんだ付け ・Dsubコネクタへのはんだ付け
・表面実装、アキシャル・ラジアル部品の実装など


4:実技教材によるはんだ付け実習(約170分)

検定用の教材を実際にはんだ付けしていただき、作業指導を行います。

はんだ付け講習のタイムスケジュールはこちら


はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP