NPO 日本はんだ付け協会 > 2020年12月3日 はんだ付け検査員 講習と検定 滋賀協会

はんだ付け検査員 検定講習

日時:2020年12月3日(木)

開催場所:協会内(滋賀)

※当日スケジュール、アクセス方法は下段よりご確認ください

NPO日本はんだ付け協会では、
はんだ付けの良し悪しを判断することの出来る方を養成するための講習を開催しています。
はんだ付け作業を実際に行なうことは無いけれど 検査業務に携わる方、
自動機でのはんだ付け製品の良品・不良品基準の設定や手直しに携わる方など
検査に必要な基礎知識と判断する目を養って頂けます。

定員9席


残席

①はんだ付け検査員 講習  9席
②はんだ付け検査員 検定  9席



※残席は当ページで 随時最新情報をアップいたします。

■検査員講習 詳しい講習内容は こちらをご参照ください。
■検査員検定 詳しい検定内容は こちらをご参照ください。

■受講料・受験料について

はんだ付け検査員講習    12,000円(+税+送料500円)
はんだ付け検査員検定試験  10,000円(+税+送料500円)
講習と検定のセット     22,000円(+税+送料500円)

※受講料には、eラーニングはんだ付け基礎講習の他、レジュメ代、
実技判定試験用の教材や実体顕微鏡の使用料も含まれます。

☆はんだ付け検定1,2,3級の合格者は、基礎知識講習(eラーニング)と筆記試験が免除されます。
(3年以内に認定取得・更新の方のみ)
その場合の受講料、受験料は、以下の通りとなります。

はんだ付け検査員認定講習(基礎知識講習免除)  8,000円(+税+送料500円)
はんだ付け検査員検定試験(筆記試験免除)    7,000円(+税+送料500円)
講習と検定のセット(基礎知識講習・筆記試験免除)15,000円(+税+送料500円)

 

感染予防のため下記の対策を講じ 開催いたします。

①講習・検定開始前には テーブル・ドアノブ・その他工具等の
除菌を実施
②会場では お席の距離(約1.5~2メートル)の確保と換気
③受付時に体温検査  講師陣も検温
④アルコール消毒液を設置し
受講者・講師ともに定期的に手指の消毒・手洗い実施
⑤マスク着用  ※フェイスシールドも近くでの会話の際は併用あり

尚、下記の症状に当てはまる方はご参加をご遠慮頂く様お願いいたします。

・当日37.5度以上の発熱のある方
・風邪の症状が2日以上続いている方
・2週間以内に海外渡航歴のある方など

このような時期ではございますが 十分か感染予防を講じつつ
スキルアップしていただける様務めて参ります。

お申し込み方法

お申し込みされる方は、以下から申し込み方法をお選びください。

受講費用

※受験票の送付や、認定証や合格バッジの発送費用として、送料をお申込一口につき¥500(+税)お願いいたします。

※海外からのお申込の場合、消費税非課税分及び送料等を別途御見積いたしますので、
まずは『お問い合わせフォーム』にて希望される受講・受験級を御連絡お願いします。

講習会、検定のキャンセルについて

法人様の場合は、代理の方の参加をご検討ください。
また、次回ポリテクセンターや会場を替えての参加も可能ですのでご検討ください。
1ヶ月前までのキャンセルは全額返金させていただきます。
(ただし、書類の送料、銀行振込み手数料は省きます。またすでにeラーニングを視聴されている場合は視聴料¥3,600+税を差し引かせていただきます。)

検定と講習は、個別にもお申し込みいただけます。(例:2級講習だけ・・など)
後日、検定だけを受検いただくことも可能です。

※2,3級受験の方でご希望の方は、検定日の午前中は、練習時間として会場を使用できます。(講習は行いません)

再受験について

不合格になられても 筆記・実技 のいずれかは合格しておられる方が受験される場合、合格されている課目は免除となり価格も不合格課目だけの価格で受けて頂けます。ただし、合格科目の有効期限は1年間です。1年を越えた場合は再度筆記・実技ともに受検頂きます。

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP