NPO 日本はんだ付け協会 > , , , , , , , , , , > はんだ付けに光を! 藤山哲人と愛すべき工具たち「ハンダゴテ編」(2019.5.10)

はんだ付けに光を! 藤山哲人と愛すべき工具たち「ハンダゴテ編」(2019

こんにちは、はんだ付け職人です。

今日は、Impressの「藤山哲人と愛すべき工具たち」にて
GOOT製のハンダゴテセットを紹介していただきましたので
シャアさせていただきます。

https://bit.ly/2JwVIPc  記事はこちら

 

 

このハンダゴテ、本当に良いハンダゴテなのですが
長年、古いハンダゴテを使ってこられた方には

「こんな初心者向けのはんだごてが使えるもんかっ! 」
「こちとら40年以上愛用したコテがあるんでぃっ!」
(※impressさん記事より)

と、なかなか試してもらう機会がありません。

そうした中、使用する人から見た目線で
GOOT製ハンダゴテを使ってみた感想を記事にしていただけたのは
非常にありがたかったです。

記事はA4に印刷すると25ページにも及びますので
一部まとめて抜粋させていただきますと

・結論から言おう! はんだ付け初心者にはもちろんオススメしたいが、
筆者のように「何十年も前のはんだごてを愛用している」という人にこそ、
買い替えを強くオススメしたい!

・「はんだ付け」――それは自分との戦い。誰からも評価されることなく、
誰に教わることもなく、黙々と部品を取り付ける。
でも1,000カ所のはんだ付けで1カ所でも間違えれば、回路は動かない。

・筆者が使っているのは、40年以上前からHAKKOの木のグリップの
20Wタイプ(今は製造していないらしい)。
こて先は5mmの鉛筆型タイプだ。
加えてマザーボードのコンデンサ交換や大きな端子を接続するために、
40Wのこても20年ぐらい前から使っている。

・はんだし忘れても1分で急速加熱! しかも切り欠きこて先が最高に使いやすい!

・セット内容を見て見ると、普通の電子工作はもちろん、
最近のデジタルガジェットやPCの基板のように、
薄型のLSIが基板に乗ってる表面実装もできるレベルのキット。
かなりハイレベルの人まで使えるだろう。

・えええ! 40年以上はんだのこて先は、鉛筆型が一番使いやすいと思ってたけど、
間違いだったのかよ!

・しかも85Wのヒーターを備えているので、加熱がめっちゃ早い!
今まで使っていたはんだごては、コンセントを入れて1階のキッチンに行って
コーヒー入れて戻ると、そろそろあったまったか? という感じだった。
しかしゴッドはんだ推奨品は、30秒程度温まるのでスグに作業できるのが超便利だ。

・鉛フリーはんだが共晶のようにサクサクはんだ付けできる最新式!

・ゴッドはんだがオススメするGootのはんだごては、樹脂製の一部が
ゴムでカバーされていて、木に近いグリップ感!

・今まで40年以上使ってきたはんだごてだが、遂に買い換えた!

まだまだ続く・・(ここから段ボールコンポの製作されます)

https://bit.ly/2JwVIPc  記事はこちら

 

・・「記事に出来るかどうか試してみたいので貸してもらえますか?」
という電話をいただいたのが4月でした。

「記事が出来ました。」という連絡をいただいたのが昨日でしたが
本当にご購入いただいておりました。
(気が付きませんでした)

この記事をきっかけに、良い道具を広く知っていただき
もっと簡単に電子工作を楽しんでいただけると幸いです。

では、明るいはんだ付けを!

※AmazonPayご利用いただけるようになりました。

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP