NPO 日本はんだ付け協会 > はんだ付けに光を!(2017.12.19)酸化していないコテ先による 表面張力を使ったはんだ量調整

はんだ付けに光を!(2017.12.19)酸化していないコテ先による

はんだ付けに光を!(2017.12.19)酸化していないコテ先による

表面張力を使ったはんだ量調整

 

こんにちは、はんだ付け職人です。

もうすぐクリスマスですね。

毎年恒例?となりました
「2017はんだ付け職人のMerry Christmas, Mr. Lawrence」を
UPしました。



お耳汚しかと思いますが、よろしければお聴きください。

 

さて、今日は1005、1608やQFPなどの微細な表面実装部品の
はんだ量調整ついてのお話です。

実体顕微鏡で拡大しなければならないほど小さな部品のはんだ付けでは、
はんだの表面張力が大きく影響します。

フィレットが形成される程度にはんだ量を調整しようとしても
はんだが融けた瞬間に、ドカッと水玉のようにはんだが盛られて
しまうことはよくあります。

これを防ぐためにはコテ先が酸化していない状態に
保たれていることが条件になります。

酸化していないはんだに良く濡れるコテ先は、
はんだが触れると、パアッとはんだがコテ先に薄く濡れ広がっていきます。

この表面張力を使って、はんだをコテ先全体に逃がしてやるわけです。
次の動画は、はんだ付け検定では1級の課題である1005と1608チップの
実装の場面です。

非常に大きなGNDパターンを持つ難易度の高い課題です。



ヒントになれば幸いです。
では、明るいはんだ付けを!

 

 

※2017年度「はんだ付けアートコンテスト」投票開始しました。
http://www.soldering-art.com/contest2017/

投票よろしくお願いいたします。
(グーグルフォームを使っての投票になります)

※2018年は、インスタグラムを使ってコンテストを
開催するつもりです。
(詳細は後日、WEBサイトにUPします)
※ポリテク関西での講習会。
2018年2月22日(木)、23日(金)

受付中です。(残り6席です)

 

2018年2月22日、23日ポリテク関西講習・検定



 

 

 

※東京での講習会を希望されていた方へ
2018年4月に東京都品川区の「東京都立城南職業能力開発センター」での
講習会を予定しています。現在、詳細を詰めているところです。
また、このメルマガ、WEBサイトで紹介させていただきます。

 

※広島県福山市 大洋電機産業(goot)さんの本社を

お借りしての講習会

2018年5月17日(木)、18日(金)

受付中です。
(中国地方の方、お近くで受講できるチャンスです)

2018年5月17日、18日 広島(福山市goot)講習・検定



 

記事検索

よくある質問検索

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP