NPO 日本はんだ付け協会 > 広島でのはんだ付け実技講習始まりました。

広島でのはんだ付け実技講習始まりました。

さて 午後からは 1級~3級の実技講習が始まりました。


今回は 約半数の方が 1級を受講されています。

1級は 顕微鏡を用いた微細な部品の実装が加わり 難易度が上がります。
しかしながら 合格率は 2級と同じく 70%前後となっており
難易度が上がっても合格率は下がっていません。

講習では 実装対象に合った実技の注意点、
色々な細かいテクニック等を指導させて頂く事はもちろんですが

はんだゴテ自体の選定、コテサキの形状の選定、冶工具のメンテ、
正しいコテサキ温度等を指導させて頂くことで おおかた解決する場合もあります。

講師が実際にやっているところを見て頂くことで
講習中に作業性が大幅に向上していきます。

しかしながら 顕微鏡を用いての作業は、感覚をつかむまでに時間がかかります。
合格されている方は 日頃 顕微鏡作業をしておられる方が殆どです。

1級の受講・受検をお考えの皆様のご相談もお受けしております。

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP