NPO 日本はんだ付け協会 > はんだ付けに光を!(2015.12.4 オーバーヒート)

はんだ付けに光を!(2015.12.4 オーバーヒート)

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog:はんだ付けに光を!(2015.12.4 オーバーヒート) – livedoor Blog(ブログ)


こんにちは、はんだ付け職人です。

今日は、オーバーヒートについてのお話です。

というのも、はんだ付けの講習会でお話していて、
オーバーヒートについての認識を持っておられる方が
とても少ないことに気づいたからです。

「えっ!これ、オーバーヒートなんですか?」
という方がとても多いんですね。

先日の高度ポリテクセンターでの検定で、実際にはんだ付けされた
教材(ラグ端子)の写真を4つ並べました。

良いものから順に、オーバーヒートに到るものまでを並べました。
違いがわかるでしょうか?


オーバーヒート0

オーバーヒート1

オーバーヒート2

オーバーヒート4
ラグ端子のはんだ付けは、おそらく皆さん「簡単だ!」と
お考えだと思いますが、半数くらいの方にオーバーヒートの
兆候が現れています。

ラグ端子は、フラックスの洗浄を行なわないので
フラックスの状態を観察すると、熱の掛け具合が良くわかります。

フラックスの重要な役割のひとつに、
「溶けたはんだと母材の表面を覆って、酸化を防ぐ」があります。

はんだ付けは、フラックスが活性化している短い間に、
はんだと母材の温度を約250℃まで上げて、
約3秒間の条件を作り出す必要があります。

この意識がない方は、フラックスの活性化している時間を
超えて加熱してしまったり、
(※熱を効率よく伝えられない)

母材と溶けたはんだの温度が250℃を超えるほどに
加熱してしまうため、
(※糸はんだの供給が遅くて、溶けたはんだの温度が上がってしまう)

オーバーヒートを起こしてしまいます。

では、写真を見てみましょう。

①の写真は、はんだの表面がフラックスの薄い膜で覆われている
良いはんだ付けの写真です。

②の写真は、部分的にフラックスの膜が破れ始めていますが、
まだ、酸化にまでは到っていない状態です。

③の写真は、フラックスの膜が破れて少し時間が経過したため、
フラックスが茶色く変色し、はんだ表面が酸化し始め、
凸凹、ザラザラが現れ始めています。
この部分は、既に脆くなっているはずです。

④の写真は、さらに加熱したため、フラックスは焼け焦げており、
被覆が焼け、はんだ表面が白く酸化して、表面がザラザラに
変質しています。

はんだの内部では、合金層が成長しすぎて、スズと銅原子が
拡散し、原子の空孔ができて脆くなっているはずです。

③④のはんだ付けの出来栄えであれば、
「フラックスがちょっと焦げたなあ~」程度の認識しか
無い方も多いのではないでしょうか。

肉眼では、わからないですが、顕微鏡などで拡大すると、
コネクタのはんだ付けや基板実装でも、同様のことが
多数起こっていることがわかります。

実体顕微鏡などで、はんだ付け部を6~10倍に拡大して
観察することは、確実にスキルをUPしてくれます。

ぜひ、お試しください。

では、明るいはんだ付けを!

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP