NPO 日本はんだ付け協会 > はんだ付けに光を!(2013.3.26)3/8の はんだ付け検定結果

はんだ付けに光を!(2013.3.26)3/8の はんだ付け検定結果

こんにちは、はんだ付け職人です。

今日は、先日千葉の幕張「高度ポリテクセンター」で開催した
「はんだ付け検定」の結果報告です。

今回は、台湾からも講習と受験に来られ、
海外でもはんだ付けの教育に悩む方が多くいらっしゃることなど
いろいろお話を聞かせていただくことができました。

受講者は25名、受験者数は20名様でした。

それぞれ級別の受験者数と合格率は、

3級  受験者数2名  合格者数  2名  合格率100%
2級  受験者数11名  合格者数 7名  合格率63.6%
1級  受験者数7名   合格者数 4名  合格率57.1%
という結果でした。

筆記試験は全員の方が、合格点に達しておられました。

現在までの受験者総数272人での平均合格率は、
それぞれ、

3級  48名 77.1%
2級  168名 78.6%
1級  56名 78.6% ですから、

今回は1級、2級の合格率が少し低目の結果となりました。

前日の講習中にお話した感じでは、
どちらかというと講習に重きを置いて、
受験は、「力試し」的な感じで考えておられる方が、
多いようでしたので、その内容が反映されているようです。

また、普段「基板実装だけ」「ケーブルのはんだ付けだけ」といった
どちらかしか経験されていない方は、両方の教材を
時間内に仕上げるのは難しかったようです。

基板実装、ケーブルのどちらかしか
普段はんだ付けされない方は、受験前に
少し練習をしておかれたほうが良いと思います。


今回も時間切れで、教材を完成させることができなかった方が
多数居られました。

定められた時間内に、精度の高いはんだ付けを行うには、
ある程度経験を積んでいないと、普段の実力を
出すことができません。

事前講習だけで、1級、2級に挑戦されるのは
かなり難しいというのが現状です。

検定用の公式教材は、こちらで購入できますので、
受験前に一度試していただくと対策が練れるはずです。
http://www.handa-npo.com/kentei/kyouzai.html

特に、ケーブルはんだの経験がない方は、Dsubコネクタを
一度経験しておくことは重要です。

基板実装では、実際の製品さながらに
基板に放熱するパターンが設けてありますので、
1005、1608チップなどは、まったくはんだを溶かすことが
できない方が多数いらっしゃいます。

このあたりの攻略法が鍵になります。


では、明るいはんだ付けを!


☆ 先日youtubeで公開した「はんだ付けアート」に
うれしいお便りいただきました。

株式会社モバテックさんの 「ハンダアート」です。
http://mobatec.jp/handa_art.html

作る方の感性によって、作品の質感などもまったく違うものに
なることに驚かされました。
こうした作品がどんどん出てくれば、「はんだ付け」流行しそうですね。



※次回、関東地方での講習・検定の開催予定日です。

開催地:静岡県静岡市「ポリテクセンター静岡」

2013年6月20日(木) 9:00~17:30(はんだ付け講習)
21日(金) 9:00~12:35(はんだ付け検定)

新幹線の静岡駅から近い交通の便の良いところです。
詳しくはこちらを御覧ください。
http://www.handa-npo.com/kentei/koudopolitec.html

講習のみ受講、検定だけ受験も可能です。

はんだ付けアートはんだ付け検定 認定者在籍マークは、はんだ付け検定合格者が在籍しており、はんだ付け作業に従事していることを当協会が認定したことを示すマークです。


TOP